障がい者雇用の必要性はわかっているが、何から手をつけてよいかわからない・・・

今までに障がい者を雇用したけれど、うまくいかなかった・・・

障がい者が行なう業務を見つけられない・・・

障がい者を雇用することに社内の理解が得られない・・・


それぞれの企業にあった

障がい者雇用を一緒に考えます

障がい者コンサルティング

内容:初めて取り組む障害者採用の一連のプロセスを学び、業務の切り出し、実習、採用の必要な部分のサポート、アドバイス。

 

対象:障害者雇用に初めて取り組む中小企業、または経験の少ない事業所(従業員数100300人)

 

詳細は、コンサルティング へ

 




障害者雇用というと一言でまとめられてしまいそうですが、

同じ業種、同じ規模の企業でも、

障害者雇用の状況は全く異なります。

 

今までは、比較的規模の大きな企業が中心となって進められてきた障害者雇用ですが、

 平成25年4月から障害者の雇用率が2.0%に引上げられ、

 平成27年4月から障害者雇用納付金が100人以上の事業主にも対象となり、

 平成30年からは、精神障害者が雇用義務化され、

さらに障害者雇用が、多くの企業で取り組まれつつあります。


そのため、多くの行政や団体で、

障害者雇用に関するセミナーや見学が行なわれていますが、

規模や状況が異なるため、あまり参考にならないという声も聞かれます。

 

既に障害者雇用を進めている企業の例は、

あくまでも一つの事例なのです。


参考にするのは一つの案ですが、それにとらわれて

 〇〇障害の人は、この業務はできない

 △△の業務は、レベルが高すぎるだろう

と、決めてしまわないでいただきたいと感じます。

 

それぞれの企業や事業所の持っている

企業風土や事業内容、強みを活かしながら、

貴社のための貴社による障害者雇用を一緒に考え、サポートします。